認定薬剤師としての転職に求人サイトを活用する方法!

認定薬剤師として救急病院で働きたいなら、薬剤師に特化した転職サイトを利用しよう

救急病院で薬剤師として働きたいという人もいらっしゃるでしょう。今まででは、救急病院では医師や看護師がメインとして働いていましたが、最近では薬剤師の医薬品の専門知識を活かして、救急病院で活躍する薬剤師も増えてきています。では救急病院で認定薬剤師として働く場合、どのような方法があるのでしょうか。

 

そもそも救急に関わる認定薬剤師というものが存在します。救急認定薬剤師と呼ばれ、2011年に始めて認定薬剤師が排出された資格の1つです。資格を取得するには、まず日本臨床救急医学会が主催する研修に参加し、その後試験に合格する必要があります。誰でも受講出来ることから、それほど難しくない認定制度であると言えるでしょう。

 

認定薬剤師

 

救急病院で働きたいのであれば、この救急認定薬剤師の資格を持っていると優遇されます。しかし資格よりも経験が重視される所もあるので、その点は注意が必要です。救急認定薬剤師として転職をするのであれば、どういった方法で転職すればいいのでしょうか。

 

救急病院で働く為には、薬剤師に特化した転職サイトに登録するといいでしょう。これは薬剤師専門の転職サイトで、登録すると、担当のキャリアコンサルタントが付いてくれます。この方にどのような病院で働きたいかを告げると、その他の希望条件と合わせて求人を紹介してくれます。

 

転職サイトを利用するメリットの1つが、非公開求人がチェック出来るということです。インターネットやハローワークには掲載されていないものが閲覧出来るので、必然的に希望に近い求人を探せるのが特徴です。

 

認定薬剤師として救急病院で働きたいのであれば、この薬剤師に特化した転職サイトを使って転職するといいでしょう。これらのサービスの中には、求人紹介だけでなく履歴書の書き方を始め、面接対策まで指導してくれるので、より通過率の高い効率的な転職活動が可能になります。すべて無料で使えるサービスなので、転職活動を考えているのであれば、利用しないと損するでしょう。